オメガ3脂肪酸のエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサペンタエン酸(DHA)が、三大生活習慣病のひとつの脂質異常症を予防できる成分として注目されています。脂質異常症とは、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールが異常に増えた状態です。これらは動脈硬化を引き起こし、やがて心筋梗塞や脳梗塞につながっていきます。脂質異常症の段階では、痛くもかゆくもありませんが、心筋梗塞や脳梗塞は命に直結する病気なので、脂質異常症にならないようにすることが重要です。
EPAやDHAには、腸管からの中性脂肪の吸収を抑える働き、肝臓で過剰な中性脂肪が合成されるのを抑える働き、血中の余分な中性脂肪の代謝を促進する作用がありますので、血中の中性脂肪が低下します。また、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすという働きもあります。
さらに血管内で血小板がて固まることを防ぐ働きや、赤血球の柔軟性を増して形を変えられるようにする働きがあります。
これらが相まって、血液がサラサラになり、心筋梗塞や脳梗塞の予防につながると期待されています。
EPAやDHAは、青魚の油に含まれていますが、毎日、魚を食べるのは大変です。これらを含んだサプリメントが売られていますので、利用されてはどうでしょうか。

赤かぶ01