» 未分類のブログ記事

DHAやEPAやαリノレン酸といったオメガ3脂肪酸は、脂質異常症の改善作用が注目されていますが、アレルギー皮膚炎のような過敏症に対しても予防効果があると言われています。
脂肪の中には、体内で合成できないために食物として摂る必要がある、必須脂肪酸というものがあります。その代表がオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。この二つの量のアンバランスが過敏症が増えている原因ではないかと考えられています。オメガ3脂肪酸は代謝を受けて、過敏症や炎症を抑える働きがある物質に変換されますが、オメガ6脂肪酸は代謝を受けると、過敏症や炎症を促進する物質に変換されるのです。オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の比率が1:4の時が、体にとってバランスがよいとされています。しかし、普段の食生活では、リノール酸などのオメガ6脂肪酸を含むコーン油、ゴマ油、植物性マーガリンを使う機会が多いために、バランスが崩れてしまい、過敏症や炎症を起こす物質の方が多く作られてしまいます。そのため、バランスをよくするためには、意識的にオメガ3脂肪酸を含んだ食品を摂ることが勧められます。オメガ3脂肪酸を多く含んだ食品としては、亜麻仁油やえごま油(αリノレン酸を含んでいる)や青魚(DHAやEPAを含んでる)があります。普段の食事でこれらを摂ることが難しい場合には、サプリメントを活用するとよいでしょう。

野菜01

 

オメガ3脂肪酸のDHAは、記憶力や学習能力の向上などの効果があります。DHAは情報伝達をスムーズにしたり、神経細胞を活性化させ、記憶力や学習能力、判断力の向上に効果があるとされています。また、DHAやEPAには、血管壁の細胞膜を柔らかくしたり、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす効果があり、血液をサラサラにしてくれます。このような効果から、認知症にも効果があるとされています。認知症の患者にDHAを摂取させることで、認知症が改善されたという報告があります。また、うつ病は神経伝達物質のセロトニンが大きく関わっていて、DHAにはこのセロトニンの働きを高める効果があることが分かってきました。セロトニンは、心のバランスを保つにはとても重要な伝達物質で、セロトニンが不足したり働きが悪くなることで、精神的に不安定なります。DHAを摂取することでセロトニンがうまく利用され、心のバランスがとれ、心の安らぎを与えてくれます。このようにDHAは脳を活性化させるだけでなく、精神面でも重要な成分です。オメガ3脂肪酸は生活していく上でとても重要な成分で、日々オメガ3脂肪酸を摂取することで充実した日々を送ることができます。

朝食と女性

最近、オメガ3が注目されています。その理由は、アンチエイジングができるダイエット食品と言われているから。接種するだけでしわやたるみが改善されるこのオメガ3とは何なのでしょうか。
オメガ3は、青魚に入っているDHA、EPAに入っている成分、また、えごま油、あまに油などオイルで取れる成分に含まれていると言われています。この成分、体内で作りだすことができない成分なので食べ物で積極的にとる必要があります。その中でも今の注目はえごま油やあまに油などオイルでとる方法で、パスタの仕上げにかけたり、サラダのドレッシングとして使ったり、グリーンスムージーに小さじ1/2程度入れたりして飲みます。オイルをできるだけ取らない「オイル抜き」ダイエットが流行した時期がありましたが、その時は皮膚が乾燥してしまってしわが発生して年齢以上に見られてしまう人も多くいました。今は健康的にダイエットするのが流行していて、オメガ3はそれに効果的だと言われています。オイルでとる方法以外にもイワシやアジなど青魚でとる方法もあり、DHAやEPAには脳のはたらきを活性化する効果もあると言われています。
健康的に年齢を重ねたいのなら、今、注目なのは断然オメガ3。毎日、食事に取り入れてみましょう。

赤トウガラシ

 

痩せるにも色々あります。
部分痩せだったり、全体的に痩せたり、後数キロだけ、など多数ありますが、無茶なダイエットは身体に毒です。
では、どのようなことをすればいいのかを紹介していきます。
まず、痩せる前に身体の代謝をあげることです。
身体が冷えている状態だと脂肪が燃焼されづらく、逆に太ってしまう原因になってしまいますが、身体を温めれば脂肪の燃焼率がぐっとあがります。
それは身体の血行をよくすることにも繋がります。
特に女性ですと冷えは身体の大敵なので、血行をよくすることをおすすめします。
温める方法として、浴槽にしっかりつかることです。
これだけで身体が暖められますし、半身浴という、身体の半分を湯船につけた状態ですと、痩せやすいといわれています。
半身浴で身体が暖まってより良い効果が得られますので、お風呂に入る際にはしてみてください。
お風呂だけではなく食べ物からでも血行をよくするものはあります。
それは魚介類と野菜です。
魚介類には血の巡りをよくして、血液を固まりづらくする効果があります。
魚介類にはコレステロールをさげたりするものや、中性脂肪を減らしてくれるものが多数あります。
野菜には食物繊維たっぷりのものが多く、血を綺麗にもしてくれます。
美容にもいいので、毎食少しでもいいので食べてみてください。

赤かぶ02

オメガ3脂肪酸のエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサペンタエン酸(DHA)が、三大生活習慣病のひとつの脂質異常症を予防できる成分として注目されています。脂質異常症とは、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールが異常に増えた状態です。これらは動脈硬化を引き起こし、やがて心筋梗塞や脳梗塞につながっていきます。脂質異常症の段階では、痛くもかゆくもありませんが、心筋梗塞や脳梗塞は命に直結する病気なので、脂質異常症にならないようにすることが重要です。
EPAやDHAには、腸管からの中性脂肪の吸収を抑える働き、肝臓で過剰な中性脂肪が合成されるのを抑える働き、血中の余分な中性脂肪の代謝を促進する作用がありますので、血中の中性脂肪が低下します。また、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすという働きもあります。
さらに血管内で血小板がて固まることを防ぐ働きや、赤血球の柔軟性を増して形を変えられるようにする働きがあります。
これらが相まって、血液がサラサラになり、心筋梗塞や脳梗塞の予防につながると期待されています。
EPAやDHAは、青魚の油に含まれていますが、毎日、魚を食べるのは大変です。これらを含んだサプリメントが売られていますので、利用されてはどうでしょうか。

赤かぶ01

 

健康や美容の為に、油を控えた食事を摂るようにしている人も多いですね。ひとまとめで油は体に悪いと決めつけるのではなく、あまり摂りすぎないように注意をする種類と、積極的に摂りたい種類を頭に入れて、毎日の食事を考えるようにすると良いです。バターや、肉類といった、動物性の脂肪や、揚げ物やお菓子に使われる、マーガリン、ショートニングなどといったトランス脂肪酸は、摂りすぎに注意したい油の種類です。外食や、出来合いの食事を続けると、摂り過ぎてしまう油の種類なので、自炊を心がけ、栄養バランスを保ちましょう。一方、オメガ3脂肪酸は、食事に摂り入れたい油の種類です。イワシやサバなどを代表する、青魚に含まれていて、エゴマ油や、亜麻仁油などにも含まれます。この健康パワーは注目されていて、サプリメントも多く出ています。サプリメントを始める前にまずは、普段の食事から、オメガ3を含む食品や油を使うようにしましょう。皮膚の炎症や、中性脂肪の値をおさえたりする健康パワーをぜひ活用したいですね。青魚が苦手な子どもも多いですが、健康パワーを考えると、食卓にあげたいおかずの一つです。味噌煮込みや、臭みが気にならない調理法にすることで、子どもも食べやすくなります。

青トウガラシ

身体にいい油であるオメガ3脂肪酸ですが、ただ無意識に摂取すれば良いというものではなく、知っておきたい注意点というものも存在します。

オメガ3脂肪酸は体内のコレステロールや中性脂肪を下げる働きがあり、動脈硬化・心筋梗塞・高血圧・脂肪肝といった効果があり、ダイエットにも最適な成分となっています。以上の効能だけ見ると万能なように思えるかもしれませんが、バランスを考えて摂取しなければ健康に悪影響を与える可能性があります。

どれだけ身体に良いものだとしても過剰摂取した場合はその限りではなく、オメガ3脂肪酸も同様に悪影響を及ぼすといった問題があります。オメガ3脂肪酸が血中に多く含まれる方はそうでない方と比べて前立腺がんの発症率が高く、また他の心疾患の原因になる可能性も高くなります。

ただし、これはあくまで過剰摂取した場合の話であり、必要以上に摂取しないのであれば問題ありません。むしろ必須脂肪酸といわれるように人体にとって必要不可欠なものなので、意識的に摂取しないといった事をすると様々な悪影響が出る事になります。

オメガ3脂肪酸は確かに身体に良いものですが、ただひたすら摂取すればよいというものではありませんのでバランスを考えていく必要があります。

松茸

近年のアメリカ合衆国におけるヘルストレンドの大きなものの一つはオメガ3脂肪酸で、これは人体の細胞膜構成要素の一つです。その働きは細胞が正常に機能するのに寄与しています。DHAとEPAを含むオメガ3脂肪酸を摂取すると、動脈硬化防止・血糖値の安定・コレステロールや中性脂肪値を下げる・心臓病の予防・アンチエイジングの効果が期待できます。

オメガ3脂肪酸は青魚や鮭・オリーブオイル・亜麻仁油・くるみに多く含まれていることが知られています。そして今日ロハスを自任するアメリカ人の間で取り入れられているのがオキアミオイルです。

オキアミは冷たい海に生息する半透明の甲殻類です。オキアミオイルには他にもリン脂質が含まれていて、人体内で吸収するのを助けます。魚類由来のオイルから摂取するより数段速く、効率よく吸収できると考えられています。さらにアスタキサンチンやビタミンE・A・Dも含み、抗酸化効果が高いので、いわゆるアンチエイジングにも重宝されます。効果的な接種方法としてオキアミオイルを推奨する医師も増えているので、これから更に人気が高まって行くと考えられます。

オキアミオイルはカプセルの形体で摂取するのが一般的で、日本でもインターネット通販大手などから入手可能です。特に夏においては紫外線や疲労から身体の酸化や夏バテを起こします。このような時にもオキアミオイルは有効です。

寿司

その性質について

| 未分類 |

オメガ3脂肪酸は食べても太らないといだけでなくコレステロールや中性脂肪を下げる効果をもった身体に良い油です。

一見すると万能に見えるオメガ3脂肪酸ですが、酸化スピードが早いという性質があります。その為、摂取したオメガ3脂肪酸を有効に作用させるには抗酸化物質であるビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールを一緒に摂取する必要があります。

また、保存をする時もオメガ3脂肪酸が酸化しないようにしっかりと密閉した上で、遮光・冷蔵保存するようにしましょう。太陽光があたらなく低温の場所であれば酸化スピードをかなり遅くする事ができます。酸化は空気だけでなく太陽光でも促進されるので注意が必要です。

様々な健康的効果をもつオメガ3脂肪酸ですが、その成分は非常にデリケートで変化しやすいという特徴があります。その為、調理方法によっては健康的な役割を果たす成分が壊れてしまう事もありますし、長期にわたって保存したものは健康被害をもたらすといった事もあります。

オメガ3脂肪酸は変化しやすいという事を把握した上で、健康に良い成分を破壊しないよう極端に高温となる調理を避け、酸化スピードが早いので新鮮なうちに全て食べきるという事を意識する必要があります。紫たまねぎ