DHAやEPAやαリノレン酸といったオメガ3脂肪酸は、脂質異常症の改善作用が注目されていますが、アレルギー皮膚炎のような過敏症に対しても予防効果があると言われています。
脂肪の中には、体内で合成できないために食物として摂る必要がある、必須脂肪酸というものがあります。その代表がオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。この二つの量のアンバランスが過敏症が増えている原因ではないかと考えられています。オメガ3脂肪酸は代謝を受けて、過敏症や炎症を抑える働きがある物質に変換されますが、オメガ6脂肪酸は代謝を受けると、過敏症や炎症を促進する物質に変換されるのです。オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の比率が1:4の時が、体にとってバランスがよいとされています。しかし、普段の食生活では、リノール酸などのオメガ6脂肪酸を含むコーン油、ゴマ油、植物性マーガリンを使う機会が多いために、バランスが崩れてしまい、過敏症や炎症を起こす物質の方が多く作られてしまいます。そのため、バランスをよくするためには、意識的にオメガ3脂肪酸を含んだ食品を摂ることが勧められます。オメガ3脂肪酸を多く含んだ食品としては、亜麻仁油やえごま油(αリノレン酸を含んでいる)や青魚(DHAやEPAを含んでる)があります。普段の食事でこれらを摂ることが難しい場合には、サプリメントを活用するとよいでしょう。

野菜01